松田麻美子先生からのメッセージ

松田麻美子

松田麻美子からローフード教室主宰者のみなさまへ超医食革命.jpg

新刊『超医食革命』で、「医と食と健康」に関する意識改革をしませんか

ローフード教室を主宰していらっしゃるみなさま、こんにちは。松田麻美子です。
みなさまは昨秋刊行された『超医食革命』をもうご覧いただけましたでしょうか。私が監修を手掛けたこの本は、2011年の春に北米で公開されたドキュメンタリー映画『Forks Over Knives』(日本語版DVD『フォークス・オーバー・ナイブズ 命を救う食卓革命」日本コロムビ発売』)のガイドブック、『Forks Over Knives: Plant-based way to health』(原題:プラントベースによる健康への道』)の日本語版です。

このガイドブックは、90分という限られた映画の画面では伝えきれなかったさまざまなメッセージを映画以上にわかりやすく解説しているため人気が高く、『ニューヨーク・タイムズ』紙のベストセラー・リストの第1位にランクされ、今日もなお映画のDVD同様、話題を呼んでいる本です。

そのメッセージとは、「ホールフードでプラントベースの食事は、どんな薬や手術よりも心臓病、脳卒中、糖尿病、ガン、メタボなどの予防や改善、さらには回復までも可能にする」ということです。

これは私たちがこれまで持ち続けてきた「医療・食・健康」に関する常識を大きくくつがえすものですが、これこそまさに、今日、欧米の最新栄養学や臨床医学が裏づけていることなのです。

そして現にアメリカでは今、このメッセージを真摯に受け止めた医療従業者や健康な人生を願う一般庶民の間で、「医療と食習慣に関する意識革命」が起こり始めています。

医療現場では、治療受けに来る患者さんに渡す処方箋に、従来のように薬の名称を記すのではなく、「『Forks Over Knives』を見ること、および、そのガイドブック『Forks Over Knives: Plant-based way to health』や、この映画とガイドブックで紹介されている『The China Study』を読むこと」と記す医師は、もはや珍しくなくなってきているのです。

こうした医師を対象に、「プラントベースでホールフードの食習慣がもたらす健康、および病気の予防・改善」に関するセミナーなども、全米各地で積極的に開催されています。一般庶民の間でも、「プラントベースの食事」に変える人が年々増加中です。こうしたことこそまさに、「医療と食習慣に関する意識革命」の表れにほかなりません。

「正しい食事選択」すなわち、「私たち人間の体にとって最もふさわしいプラントベースの食事を選択することこそ、ほとんどの病気の予防も改善も可能にする」という本書のメッセージは、「医療と食習慣に関する意識革命」を引き起こすパワーを持っているのです。

ですから、このガイドブックの日本語版単行本のタイトルが、原題の『フォークス・オーバー・ナイブズ:プラントベースによる健康への道』)ではなく、『超医食革命』であることを、私はとてもうれしく思います。

みなさまのお教室では、ローフードを通して「私たちの食事選択と健康」についての関係を生徒さんにご指導していらっしゃることと思いますので、「体にとってふさわしい食習慣をすることがいかに大切か」、というお話しをされるときに、『超医食革命』を「テキスト」としてお使いいただければと願っております。

そしてぜひみなさまのお教室から「医食革命」を始めてください。そうすれば、私たちの周りに蔓延している病気は減少していきます。医療費は大幅に節約され、医療保険の負担も大きく軽減されることでしょう。みなさまのお教室から日本を変えていくことができたら、ステキだと思いませんか。

マクガバン上院議員とともに『マクガバン報告』発表記者会見(1977年1月14日)に臨んだマクガバン委員会の主要顧問マーク・ヘッグステッド博士(Ph.D./ 1914~2009。元ハーバード大学公衆衛生学部栄養学教授)が、次のように言っています。
私たちの社会には、心臓病・ガン・糖尿病などが蔓延している。ぐずぐずしている余裕などない。すぐにでも人々に最新情報を伝え、正しい食事選択をする手助けをする義務がある。それをしないのは責任回避というものだ。

ローフード教室を主宰されていらっしゃるみなさま、『超医食革命』に記されている最新情報をみなさまのお教室でぜひお役にたててください。そしてみなさまの周りから「医食革命」を起こしていたただければ幸いです。
松田麻美子

 

QR Code - Take this post Mobile!

Use this unique QR (Quick Response) code with your smart device. The code will save the url of this webpage to the device for mobile sharing and storage.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

夏休み!親子で手作り酵素教室

2014.7.26

夏休み!親子酵素教室

夏休み突入!暑い!暑い!と言っているだけでは、夏バテしちゃいますよ! 今日は元気なちびっ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る