寝て痩せる!

睡眠

痩せるための努力ってけっこう大変なことや、辛いことがつきものだと思っている方へ朗報です。

 

寝ているうちに痩せれたらこんなに楽なことはありませんよね。

 

「寝ながらダイエット」というのはどうでしょうか?

 

“眠育”という新しい言葉があります。

 

年齢によって必要な睡眠時間があるそうです。

 

0歳児  10-18時間

 

1〜3歳児   12-14時間

 

4〜6歳児  10-13時間

 

睡眠

 

トップアスリートたちは睡眠がパフォーマンスを向上させることを知っています。

 

たとえばアメリカの大学でバスケットボールの選手に5〜7時間、毎日10時間の睡眠を推奨したところ、競技パフォーマンスに次のように明らかな向上が見られたとのこと。(参考文献引用:Cheri Mah.The Effects of Sleep Extension on the Athletic Performance of  Collegiate Basketball Players,SLEEP,2011)

 

⚫️ 282フィートダッシュ➡️0.7秒スピードアップ

 

⚫️フリースロー成功率➡️9%向上

 

⚫️スリーポイントシュート成功率➡️10%向上

 

ストレス社会を生きる私たちも、日々の体調管理としてしっかり眠ることがとてもみなおされてきています。

 

生き生きとしたスリムで健康的な若さを保つために必要な成長ホルモンは夜、眠っている間に分泌されます。

 

夜更かしをすると成長ホルモンが不足してしまうのです。

 

私たちの体には体内時計という素晴らしい機能が備わっているのですが、不規則な生活を続けると、自然のリズムに体内時計を合わせられなくなってしまうのです。

 

 

朝はカーテンを開けて光を感じ、夜は電気を消して暗くし、リズムを整えてみましょう。

 

自然と調和して生きることが結果的には美しさを最大限に引き出すコツだといえます。

 

 

この体内時計は朝4時から正午まで、正午から夜8時まで、そして夜8時から朝の4時までと、大きく三つにわかれます。

 

 

この時間帯に沿って排泄、摂取、吸収というふうに体は機能するようにできています。

 

 

吸収の時間帯にしっかりと上質の睡眠が取れれば、自然とダイエットができます。

睡眠

 

 

上質の睡眠をとるためには

 

⚫️早寝早起きをすること

 

⚫️摂取の時間帯に食事をとること

 

⚫️消化に負担をかけないローフードの量を増やすこと

 

意識して1週間実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

QR Code - Take this post Mobile!

Use this unique QR (Quick Response) code with your smart device. The code will save the url of this webpage to the device for mobile sharing and storage.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

松田麻美子

2015.8.7

松田麻美子先生からのメッセージ

松田麻美子からローフード教室主宰者のみなさまへ 新刊『超医食革命』で、「医と食と健康」に関する意識改革をしませんか ロー…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る